子供たちを殺人ワクチンから守ろう。

子宮頸がん予防にはBuah Merah 500VEを!!


β-クリプトキサンチンに関する治験とその結果

15161人の治験モニターの女性が、β-クリプトキサンチンを15年間摂取した結果、子宮頸がんや子宮の羅患率が通常と比較して大幅に減少した。
これは、子宮頚がん予防ワクチンとは比較にならない程の優れた効果である。


"インドネシア政府との条約に基づく公式協定締結製品"


西垣敏明 医学博士(薬剤師兼任)が推奨する 

" Buah Merah 500VE"は           

1カプセル中、β-クリプトキサンチン:20μgを含有。
しかも天然食品であり、高い体内吸収率を誇る。


詳細は


子宮頸がん予防に高い効果が認められるβ-クリプトキサンチンは、

天然食品からの高濃度摂取が望ましい。 ――その理由とは?   


 学術誌「The Plant Journal(2008年4月号)」は、「野菜中のミネラルやビタミン類などは従来から分析されているが、ごく微量に含まれる代謝産物の種類や量は、ほとんど判明されていない」と論述している。

ビタミンを例に取ってみると、天然ビタミンは合成ビタミンと比較して生体内利用率が圧倒的に高いが、それは「他の成分による相乗効果による結果」であり、精製されて一種類のビタミン単体を抽出して造られた合成ビタミンに同様の効果は期待出来ない。
実は天然食品中にあるそれらの成分が、どのように作用しあって、摂取した人体にどのような効果を及ぼすのかは、まだ殆ど解明されていないのである。
ましてや無数にある未知の栄養成分が、如何なる有益性を持っているかなどを現在の栄養学で説明する事が不可能であるのは言を俟たない。

しかるに市場に流通している多数の天然由来と称するサプリメント等は、わざわざ特定の成分を抽出して精製するという見当はずれの事を行っている。
恐らく、例えばある果実が驚異的な効能を持つとした場合、そこから有効と思われる成分のみを抽出すれば、果実そのものよりも格段に高い効果のあるサプリメントが生成できると考えているのであろう。
しかしそれ自体が、もはや旧い発想であると断言できるのである。
そのような中で、弊社は最新の情報に基づき、紛い物ではない効果の高い「真正の天然製品」のみを取り扱う事を理念としています。




これでも貴方は、お子さまに

"殺人ワクチン"を奨めますか?


●現在、日本で承認されている子宮頸がんワクチンは、『ガーダシル』と『サーバリックス』の二種類。 『ガーダシル』『サーバリックス』の両ワクチンによる副反応被害者数は全世界で2万8千661人死亡者数は130人にのぼっている。

●子宮頸がんワクチン接種の後、大脳の高次脳機能障害 が起こったと考えられる症例が多数報告されている。

東京都杉並区内の女子中学生(14)は、子宮頸がんワクチン『サーバリックス』を接種後、歩行障害などの重い副反応が生じ1年3ヵ月に渡って通学できない状況であったことが判明。 ワクチンを接種した際の強い痛みによるショックから気を失ったり、倒れたりするケースも多発している。《参照》


子宮頸がん予防には安全効果の高い

Buah Merah 500VE お勧め致します。


                                 copyright© 2006-2015 Asean-k.lab.All Rights Reserved.